★宮崎、バラ★

宮崎はバラがいっぱい !

宮崎のバラ★バラと薔薇

宮崎のバラのページ

 宮崎の初夏には、至る所でバラの花が咲いています。個人のお宅の庭先や規模の大きな企業・公共的なバラ園。たとえば、観光客がたくさん訪れる宮崎市南部の「こどものくに」のバラ園宮崎の西方に位置する野尻町の「のじりこピア」の切りバラ園や宮崎県総合運動公園の一角を占める広大なバラ園などがその代表です。一概にバラと言ってもその種類は限りなく多彩で、世界中に3万種と、とても全部を覚えきれるものではありません。私も今年2007年初めてバラに挑戦する身。言わば、全くの素人さんです。昨秋、急に花々に関心を持ち始め、その中でも美しいバラの季節を待ち望んでいました。5月の連休中から宮崎県内を行ったり来たりしてバラの写真撮影に没頭しました。さすがに、花の女王。こんなにもいろんな種類、名前があるとは思いもよりませんでした。しかも開花期を迎えたバラは、なにものにも代えがたい一種独特の威厳と美しさを併せ持っていました。そして、約1ヶ月間、宮崎の周辺を回り前述した以外にも素晴らしいバラ園があることが分かりました。たくさんの写真を撮りました。夢中で撮ったと言い換えても言いと思います。しかし、ホームページには素人同然のわたしです。折角の美しさも未熟が上、台無しとなったバラもたくさんあります。このページではそんな撮影状態の中でマシなもの、少しは観られそうなバラを紹介したいと思います。


北海道を宮崎から紹介〜top

アメリカ再上陸【前編】

アメリカ再上陸【後編】

宮崎の立体魚拓

北海道の温泉まとめて紹介

北海道の名産品紹介

JR北海道の紹介

北海道の高校野球

北海道の祭り紹介

北海道の植物、気候を通して

北海道釣りへの憧れ

宮崎の温泉紹介

宮崎でクラシックカー

宮崎の名産品の紹介

宮崎の旅・名所旧跡

宮崎の名所旧跡no2

宮崎の奥の狭い道


宮崎・名所no5


宮崎の名所旧跡06


宮崎の名所散策第7弾

第8弾宮崎散策どんげけ?

宮崎散歩第9弾

JR九州の紹介

宮崎の高校野球

宮崎の高校野球2

宮崎の祭り紹介

宮崎の植物をランダムに紹介

宮崎は花がいっぱい!!

宮崎はバラがいっぱい!!

宮崎花物語秋の編

宮崎2016春夏花物語

宮崎の気候を紹介


台風被害2005年14号台風

宮崎の釣りの紹介

亀と白の釣行バトルin宮崎

一口釣り情報in宮崎・門川

父の遭難と奇跡の生還in宮崎

プロフィール

TOPへ

リンク集


珍 し い 「青いバラ」紹介

青いバラ

青いバラ
青いバラ 青いバラ 青いバラ
800年来の夢、幻の「青いバラ」ついに誕生!
 2005年の秋、上のみだしのようなセンセーショナルな活字が紙面に踊りました。私は、たまたま用事が重なりましたので「青いバラ」が展示してある福岡の「アイランド花どんたく」に行ってきました。
 「世界初 特別展示」と、銘打ちその青いバラはガードマンの厳重な警戒のもと、展示室に展示してありました。その時頂いたパンフレットは、今もちゃんと持っています。
 サントリーとオーストラリアのベンチャー企業・フロリジン社が共同プロジェクトを組み、長い間作り出すことが出来なかった、いや、作るのが不可能と言われてきた「青いバラ」の開発に成功したというものでした。  リンドウやキキョウ等青色や紫色の花に含まれることが多い青色色素=デルフィニジンを合成するために必要な青色遺伝子が、バラの花弁に存在しないために交配を繰り返しても青いバラはできないと言われてきたのです。
 サントリーとフロリジン社の10数年に及ぶ研究の結果、青色色素を作る遺伝子をバラに組み込むことによって花弁に青色色素をほぼ100%蓄積させることに世界で初めて成功し、今まで存在しなかった青いバラを作りだせるようになりました。
 断っておきますが、上記の青いバラは、サントリーが開発した手法で作られた青いバラではありません。製法はシークレットですが、より鮮やかな青いバラをみつけることができましたので、紹介しました。
 関係者に聞きましたらこの青いバラは、日本国内での生産だそうです。
 世界を見渡せば特に、オランダでバラの生産が盛んで、ベンデラブルーと言う有名な青いバラが、ここ最近日本に入ってきて、非常な人気を博しています。こちらも、製法はトップシクレットだそうです。
 サントリーはさらに研究を進め、3種類の色素を合成できることに成功し、もっと濃い青色やさらに多彩な色のバラを生産することに成功し、2009年に世に出す方針とのことです。

薔薇に挑戦 !
こどものくにのバラ園
 
 ここ、「こどものくにバラ園」は今1年中で最も輝く季節を迎えています。どちらかと言うと、園内に入るとあまり目立たないバラ園ですが、すぐ脇を通る国道220号線からは、真っ赤なつるバラが否応なく目に飛び込んできます。
 5月2日この「バラの園」に行ってきました。バラ園に入ってすぐのところでは、鉢植えやミニバラが美しさを競って咲いています。
ここでは、鉢植えを販売しています。値段は1000円〜2000円前後のきれいな白バラが飛ぶように売れています。
 この「こどものくにバラ園」は、目を見張るほど大きなスケールではありませんが、これまでは250種5000本のバラが咲いていたそうですが、今年は300種を超えるバラが所狭しと咲いていました。
 メアリーローズ、ホットココア、ポーターローズ、シャルル・ドゥ・ゴール、ミストラル、ピンクパンサー、
バニー、秋月、花見川、衣笠、白鳥、芳純、都大路、ハーモニーなど等とても数え切れないほどのバラの花々が咲き乱れています。切りバラ、つるバラを中心に、1本の茎に一輪咲く大輪系のバラであるスタンダードタイプや1本の茎にいくつもの花を付ける
スプレータイプなど色とりどりの花が咲き乱れています。

 「第40回みやざきフラワーフェスタ」に合わせて開催されている「バラ祭り」は今が見頃。
会場は折からのゴールデンウィークの行楽客で賑わっています。

 写真を撮りに行きましたのでその一端を紹介します。カメラに関しては、腕が悪く折角のきれいなバラがボヤけているのもありますが、ご了承ください。また、花の名前も可能な限り正確を期したつもりですが、何しろ数が多い上に良く似た花がたくさんあり、サムネイルで大部分の画像が大きく見られるようにしてあります。万一、間違っていましたらご指摘頂くと大変有難いです。


こどものくにバラ園
こどものくにバラ園
コンチェルティーノ 花見川 オレンジメイアンディナ
ホットココア ホットココア フリュイテ
 バラの栽培の歴史は古く、今では1万をこえる品種が栽培されていると言われています。大きくいくつかの種類に分けますと、木の形状になるもの、つる性のもの、その中間型のだいたい三つになります。これがさらに四季咲き大輪系、中輪房咲き、小輪咲きなどと分かれています。
バニー バッキンガムローズ ラバークルート
ショートケーキ パーマネントウェーヴピンク パーマネントウェーヴ赤


 
バラは花の女王と言われますが、花ことばでも他の花と比べ物にならないくらい多く存在します。そして、そのほとんどが恋愛や愛情をあらわすものである事から、バラが女性にいかに好かれているかが伺えます。バラはバラ属でバラ科の植物です。英名ではローズといいギリシア語やラテン語からの言葉で、ケルト語の赤いをあらわす言葉からの由来と言われています。バラの原種は、北半球の寒帯、亜寒帯、温帯、亜熱帯の各場所におよそ200種類があり、そのうち日本には14種があります。バラは木本の植物で、半常緑または落葉する茂みになるものと、ツルになって伸びていくものとの2種類があります。現在、世界に2万品種ほどあると言われ、その元を辿っていくと約8種類の原種のワイルド・ローズ(野生バラ)にたどりつきます。バラは種類により様々な色と香りの花を咲かせます。葉の色や葉の感触もいろいろあり、花の色や香り、時には実を楽しむためにも、栽培されています。
また、あらゆる花の中で最も古くから人間と関わりを持って来たのもバラです。クレタ島のクノッソス宮殿のフレスコ画に描かれた花がバラであるとすれば、人とバラとは4000年の歴史を刻んできたことになります。バラを愛した人々の思いとさまざまな逸話に彩られて、その美しさはさらに深みを増して来たのでしょう。

スティファニードゥモナコ ラ ブ メアリーローズ
ポーターローズ ポーターローズ プリンセスチチブ
ブルーオベーション ブルーオベーション ラ・フランス

 バラは広々として日当たりの良い場所を好みます。土は保湿性があり肥沃でしかも排水性も良いことが条件です。また、バラは以前植えた場所に植えない方が良いといわれ、その場合は大きな穴を掘って土も新しいものにする必要があります。根は養分や水分を吸い上げる真っ直ぐなゴボウ根と細いひげ根からなっています。普通は接ぎ木した苗が売られますので、台木から出てくる芽は根元からかきとります。花枝をステムともいい、根元から出てくる新梢のことをシュートまたはベイサルシュートとも言います。シュートは大切に育てます。サッカーは枝の部分から出る太い枝のことですが同様に大切にしましょう。

ザ・プリンセス クリスチャンディオール ピンクパンサー
芳 純 都 大 路 ハーモニー
 バラを育てる時には、日当たりと風通し、水はけのよい所を選んで植えるようにしてください。日当たりが悪いと花つきが悪くなります。苗の選び方 春5月ころに売られる新苗、秋から冬に売られる大苗、その他のシーズンでは鉢に植えられた鉢バラがありますが、いずれも根元のしっかりしたものを選びます。特に大苗では枝も太く、根の張りぐあいのよいもの、新苗や鉢バラでは株の下のほうから健全な葉(病気や黄ばんだ葉がない)を持ったものを選びます。植えつけ場所 バラがよく育つ条件は、日当り、風通し、排水のよいことです。一般に栽培しにくい黄色やオレンジ色系では、特にこれらの条件のよい場所を選んで植えます。新苗や鉢バラでは根についている土をできるだけ落とさないように、大苗では根を乾かさないように注意します。
クィーン・エリザベス プリンセス・アイコ ヘルムット・シュミット
プリンセス・ドゥ・モナコ ダイアナ・プリンセス ジュヒレディ・プリンセス
ダイアメ マリリンモンロー シャルル・ド・ゴール
ドフト・ゴールド 秋 月 ゴールドバニー

 増やし方:挿し木、または接ぎ木で行います。接ぎ木はある程度の技術を必要としますので、初心者には簡単な挿し木を奨めます。挿し木 冬季23月上旬、春季6月ころに行います。春は芽の出る前、剪定作業で切り落とした枝の中ごろの部分を、ミニアチュア系なら5pくらいに切り、つるバラ系では15pくらいにし、それぞれ2/3くらいを土中に挿します。6月の場合であれば同様の長さくらいに切りますが、上方の葉を12枚つけた状態で挿します。

ミストラル ブルーリバー 千 鳥
ロ コ コ プリンセス・ウェールズ イレーヌワッツ
 夏の手入れ:バラは生育中に落葉しやすい植物です。生育期間中にこの落葉が始まると、なかなかよい花が咲いてくれません。特に夏の間に落葉すると、秋にはよい花を見ることができません。落葉の原因の主なものは病害虫によるものがほとんどで、特に「黒点病」と「ハダニ」は落葉の直接的原因となるので、この防除を重点的に行います。病害虫のほかは、主に根の傷みによる落葉です。特に夏の暑さにより根腐れを起こし、水分の吸収量が減少するため葉が黄化し、落ち始めます。防ぎ方は根元をできるだけ涼しくするために、芝生の刈りかすや落ち葉などを株周りに敷いてやるか、水が土中にたまるのを防ぐように、排水に気をつけるなどの工夫をすることで夏越しをします。鉢植えなどでは根詰まりに注意し、もし排水が悪い場合などは、一回り大きめの鉢にそっくり根をくずさないよう植えかえてやるようにして、排水をよくします。

ジャクリーヌ・デュプレ マウント・シャスター ピース
衣 笠 白 鳥 ダイアナ・プリンセス

のじりこぴあ観光バラ園
 
 宮崎の中心部から国道10号線を西へ向かい、高岡町の分岐点から霧島方面へ国道268号線をさらにさらに、西へ向かうこと20分。宮崎からですと約50分で左手に銀色のドームが見えてきます。ここは野尻町。メロンが名産の町です。ドームもメロンドームと呼ばれていて「のじりこぴあ」のシンボルです。国道を左折して右手を見ると、もう一つのシンボルがこの施設のイメージキャラクターのカエルです。人の背丈の数倍もあるものをはじめ何百のカエルの置物が入場者を迎えてくれます。

 「のじりこぴあ」は、第三セクターの「ハーメックのじり株式会社」が運営しています。大人も子供も楽しめるバラエティ豊かな野尻町の観光の目玉の総合レジャー施設です。スーパースライダーやローンスキー、コンビネーション遊具や野尻湖キャンプ村、歴史民俗資料館に町の特産品売り場などを備え、さらに隣接する野尻湖はヘラブナ釣りのメッカになっています。
一日中遊んでも遊びきれない楽しさいっぱいのスポットで、年間約30万人の人々が訪れます。

 「観光バラ園」もその目玉の一翼を担っています。

ボンジュール ボンジュール ボンジュール ボンジュール
ローテローゼ ローテローゼ ローテローゼ ローテローゼ ローテローゼ
ルビーレッド バーニングラブ ココチーノ
 
 約600台止めることが出来る広々とした駐車場は、たとえゴールデンウィークであっても駐車代は要りません。もちろん、遊具施設の利用に関係なく入場料金は無料と、良心的な施設でもあります。駐車場の横を車で上っていくこと100m弱、もうそこは「バラ園」の玄関前の駐車場です。ここも、もちろん入場無料。広さ約4,500平方メートル、6つの棟が連なった温室に、約35種、3万5千本のバラが植栽されています。株は、ロックウォール(岩質繊維)に差して水分や肥料を自動供給する最新の栽培方式です。園内は、甘く優しい香りに包まれ、色鮮やかなバラたちが、その美しさを競い合っています。
お気に入りのバラが見つかったらバラ狩りが楽しめます。 色、香り、表情、それぞれに魅力的なバラの中から自由に選ぶことができます。まさに「バラの美」に見せられた優雅な時間を過ごすことが出来ます。


レッドイントウショウ レッドイントウショウ コスミック
イブピアッチェ イブピアッチェ イブピアッチェ イブピアッチェ
ピンクチュチュ ピンクチュチュ ピンクチュチュ ピンクチュチュ ピンクチュチュ

 「愛」と「美」のシンボル、バラ。その魅力は、時を越えて人々の心を魅了してきました。「のじりこぴあ観光バラ園」の愛称「ブルーミングローズ」は、輝く光の中で、一面に咲き誇った美しいバラの様子から名付けられたそうです。園内に入ると、どうも様子がおかしい、つまりバラが咲いていないのです。「時期が早かったのかな?」、「しかし、1年中咲き誇っていると聞いていたのに」・・・・。自問自答しながら通路を進んでいき、やっと謎が解けました。ここは、自由に切って持ち帰ることが出来る「観光ばら園」です。

 こんな気の利いた掲示板がありますので、通路に沿ったところのきれいなバラはほとんどが切り取られてなくなっていたと言うことです。
因みに切って持ち帰る場合の値段は以下の通りだそうです。
スタンダードタイプ(一輪咲きのバラ) 150円(1本)
スプレータイプ(一つの茎に何個も花が付いているもの) 200円(1本)
ラッピング 100円〜 アレンジメント 1000円〜

エミーラ エミーラ ラブリーリディア ラブリーリディア
ビューティバイオジェル ビューティバイオジェル ミミエデン イブピアッチェ
キャラメルアンティーク キャラメルアンティーク キャラメルアンティーク デュカット
 私が訪れたのは、ゴールデンウィーク前の金曜日だったのですが、次から次と愛好家やバラに魅せられた行楽客が訪れ、気に入ったバラを切っていました。
そんな具合ですので、入場者が通る通路ぎわにはまともな花は、あまりありません。
仕方なく、下の写真の園内風景のような、茎が生い茂った中をかき分けて入っていくとさすがに、きれいな立派バラがたくさん咲いていました。
しかし、きれいなバラです。「トゲ」が当然あります。茎を素手でかき分けて奥へ奥へと入って行ったおかげで、手の平に違和感が走っています。右の手も左も「トゲ」が刺さっています。比較的大きなものでしたら痛みですぐ分かるのですが、細いトゲにはまいりました。さらに、茎を蹴散らして入ったので、ズボンを見ると至るところ、糸がほつれているではありませんか。花は大変きれいでしたが、代償は大きかったですね。ひとつ勉強になりました。


シャリテ シャリテ シャリテ シャリテ
ギャラクシア ギャラクシア ギャラクシア ギャラクシア
キリマンジャロブライダル キリマンジャロブライダル キリマンジャロブライダル デュカット
デザート デザート パナマ パナマ
 バラ園の向かいには、今宮崎県が売り出し中の完熟マンゴーのビニールハウスがあります。この施設も「のじりこぴあ」が運営しています。
 マンゴーは、宮崎県が進めている新みやざきブランドの商品ブランドとして認証を受け、基準をクリアしたものを「完熟マンゴー(太陽のタマゴ)」として消費者に届けられます。
 とろけるような味ですが、まだ「太陽のタマゴ」は賞味したことがありませんが、そこまでいかなくても、マンゴーの美味しさは格別です。
※マンゴー園では、「完熟マンゴー」として6月、7月に収穫し、のじりこぴあ・ゆ〜ぱるのじりで販売されるとのことです。
 また、野尻町はメロンが特産です。
恒例の2007年メロンフェアは5月26(土)27(日)の2日間、「のじりこぴあ」デ開かれるそうです。ただし、27日は完売してしまったら終わりとのことです。
地元産のアールスメロンや赤肉メロンが、一般小売店よりかなり格安で販売されます


スーパーグリーン スーパーグリーン アヴァランチェ アヴァランチェ
トワカップ トワカップ トワカップ トゥインクルイエロ
アップルティ アップルティ オークランド シャルマン
サンシティ トワカップ マリレーヌ 園内風景
グロリアスイルゼ グロリアスイルゼ グロリアスイルゼ アイスクイーン
アバンガード アバンガード アンティクレース 園内風景

'08 5月宮崎県総合運動公園のバラ園

ファートプライズ

ピース
聖  火
ガートルードジュキル
 バラの園芸種は大別して4つの系統に分かれています。大輪系、フロリバンダ系、ツルバラ系、ミニチュアローズなどです。
 宮崎県総合運動公園バラ園には約60種1600本のバラと、15種600本の西洋シャクヤクが植栽されています。見ごろは、5月中旬から6月にかけてと秋は10月ころです。
 この公園のバラ園は、総合運動公園ができたときかその後の高校総体もしくは、世界ベテランズ陸上競技大会などおおきな大会に合わせて作られたと、長い間バラを管理している公園緑地協会の方が話していました。
 敷地は確かに、1000坪ほどはあるでしょう。しかし、花の種類や株の数は看板どおりあるか疑問です。花自体も新しい種類の導入が少ないように感じます。
 しかし、なにより、不便なのは、花にひとつも説明表示がないことです。ご存知のようにバラは、それzpれの分類で改良に改良を重ね、名前が複雑になっています。
 私など素人には、ほとんど分かりません。協会の方は、バラ園ができた当時はちゃんと一つひとつのバラに名前と特色が書かれた標識が付いていたと話していました。
 「わぁーきれぃー」訪れた人は皆歓声を挙げていました。現在、確かに手入れは行き渡り大輪のバラを堪能することができましたが、やっぱり名前がないと何がなんだか分かりません。
 折角、今盛り上がっている宮崎県の観光。こんなことで評判を落とすのはもったいなくて仕方ありません。
つるばらとフェニックス 春風(つるばら) エーデルワイス
ミニバラ クイーンマザー クイーンマザー
 樹型から分けると、
1、 ハイブリッド・ティー系
  樹形は直立から半直立状になり、高さは1.5m以上に達します。
四季咲き大輪で、花の直径が15p以上になるのも珍しくありません。ふつう、一本の茎に一つの花をつけ、剣弁高芯咲きが多いのが特色です。多くの品種があり、花の色も豊富にあります。
2、 フロリバンダ系
  横方向に伸びる性質を強く持っています。したがって、樹高はせいぜい1m前後です。花の直径が10p前後の中輪で四季咲きのモダンローズです。花数は多く、一本の茎に多数の花が房になって咲きます。

グラフレナート ブラジリア サラバンド
マダムエルネストカルバ マダムエルネストカルバ ガートルードジュキル
マダムヒデ ガートルードジュキル ガートルードジュキル
 3、ミニチュアローズ
  その名の通り矮性で樹高は15-40pで花の直径も2p程度のものがほとんどです。四季咲き小輪バラで一茎に沢山の花を房状に咲かせます。
 4、つるバラ
 「クライミング」、あるいは「クライミングローズ」ともいわれ、数メートルに達するつる性の枝を多数発生させます。アーチやフェンスにからませて楽しみます。
 ここ運動公園の白バラもつるバラの典型です。宮崎県内で有名なところは、日向市の黒田邸のつるバラです。
 そろそろ見ごろを迎えますが、その素晴らしさは県内はもとより九州各地から鑑賞に訪れるほどです。花の大きさは様々で大、中、小輪があり、開花期も一季咲き、四季咲きといろいろです。
その他スプレー系などがあります。

ほほえみ ファーストプライズ ファーストプライズ
ガートルードジュキル イブビアッッチェ アビゲイル
 バラのルーツ
 アジアや欧米などに自生分布しているバラの近縁種(バラ科、バラ属の植物)は200種にも及ぶとみられています。発掘された化石の分析から、野生のバラは3千万年も前にすでに北半球の各地に分布していたことが分かっています。
 それよりずっと前にバラの祖先種は世界のどこかで生まれ、分化しながら各地に伝わっていったのです。  
 バラの生まれ故郷はいったい何処なのでしょうか。真実はまだ誰にも分かっておりませんが、近縁野生種の分布や遺伝的な変異の状況から、専門家はヒマラヤの麓や渓谷あたりが、バラの発祥地としてもっとも可能性が高いとみています。

ウォーターメロンアイス 聖  火 サマーウィンドウ
サマーウィンドウ クイーンエリザベス 聖  火
ヴァレンシア ヴァレンシア スワニー
 バラの原種
 現代のバラ品種を成立させた祖先種をたどって行きますと、ノイバラ、ハマナス、庚申バラなど7、8種の野生バラにたどり着きます。
 このような野生種を一般にバラの「原種」と呼んでいますが、それらの大部分はRosagallicaや、その近縁種を含むGallicanaeと呼ばれている植物グループに属しています。
 これらの野生植物も美しい花をつける魅力的な植物ですが、残念なことにそれらの真価はほとんど認められていません。たとえば、Rosa eglanteriaは芳醇な香りのするかわいい実をつけますし、Rosa virginianaは花、実、葉のいずれも豊かな色彩に富んでいて、四季を通じて楽しむことができます。
 今日広く栽培されているバラの品種は次に列記しました植物のうち2種以上の植物を遺伝資源として交雑・育成されたものです。
つるバラの歓迎門 見事に満開です 花の大きさに感心
ピース クイーンエリザベス ピース
  ゆっくり楽める宮崎県総合運動公園バラ園
 近代のバラ
 19世紀以前に中国で育成・栽培されていたRosa chinensisとR.giganteaとの交雑種がヨーロッパに導入され、Bourbon roseとの交雑が試みられました。
 その結果、Hybrid perpetual系とTea系のバラが生まれ、さらにこの両系間の交雑からHybrid tea(HT)系が育成されました。1867年に発表されたギョー氏作出の「ラ・フランセ」が四季咲き大輪バラ(HT系)のナンバーワンとされています。
 それまでのBourbon系のバラは晩春から夏にかけて年一回開花するだけでしたが、中国種から四季咲きの性質や多様な花色、つる性、耐寒性などの諸性質が導入されて近代のバラが出現したのです。
 さらに日本原産のノイバラ(R.multiflora)とR.chinensisとの交雑種であるPolyantha系にHT系を交雑して育成したのが、中輪多花性のFloribunda(FL)です。花粉親の分からない自然実生から選抜・育成された場合が多かったので、系統関係は必ずしも判然としませんが、東洋種と西洋種との交雑が繰り返されて遺伝変異に富む魅力的なモダンローズが数多く発表されました。
 最近、世界に新風を巻き起こしているバラに「イングリッシュローズ」と呼ばれている品種グループがあります。
 これは英国の育種家D.オースチンが優雅な花形や芳しい香りを備えたオールドローズに現代のバラを戻し交雑して作出した、いわばオールドローズタイプのモダンローズで、現在、100を越す品種が出回っています。
         (この項の一部は、社団法人 農林水産技術情報協会から引用しました。)
宮崎県総合運動公園バラ園

                   宮崎県総合運動公園HPから
 
 宮崎県総合運動公園は、同公園のホームページによりますと、置県80周年記念事業のひとつとして、整備され、昭和54年の第34回国民体育大会の主会場となり、全国高校総体、世界ベテランズ大会、平成13年には日本スポーツマスターズ2001宮崎大会などが開催されました。平成10年には武道館が、平成13年には県営野球場(サンマリンスタジアム宮崎)がそれぞれ完成し、さらに県産材を使って軟式野球が可能な「木の花ドーム」が完成するなど、19施設で32競技のできる運動公園として本県スポーツの拠点となっています。
 南北約2km、東西300m〜900m 総面積1,378,000uと広大で完成当初は東洋一の規模と言われていましたが、現在でも日本有数の規模を誇っています。
 「森の中に競技施設をつくる」と言うコンセプトの元、県民に親しみやすく利用してもらうため、自然環境を十分に生かしながら、約500種42万本が植栽され、日本庭園の他、市町村の森など、多くの植栽地に分け、教材的な植物公園としての機能も有しています。
 また、スポーツ施設も充実しており、本県のスポーツ施設の拠点となっています。県の推進する「スポーツランド宮崎」の中心的な施設として、プロスポーツ団体などのキャンプ等に活用され、全国規模の大会にも利用されています。

 前述の如く、総合運動公園と言う名が付いていますが、「森の中に競技施設を造る」と言うコンセプトが、十分生かされていて公園内には自生の松林をはじめ椰子の木、ワシントニアパーム、フェニックスなどの亜熱帯性樹木やツツジ、サザンカ、ツバキをはじめとした馴染み深い木々が、運動公園をより一層引き立てています。
 その他、県内の名所旧跡を模した日本庭園「景修園」、約20種の樹木による「生垣見本」など、スポーツ観戦の合間を利用して観て回るには十分の施設が整っています。


宮崎県総合運動公園全景バラ園は南第1駐車場向かい
総合運動公園への入り口は、マイカーで来ますと、南北2ヶ所にありますが、バラ園は運動公園の南側、つまり青島よりに位置しています。南口から入りますと、すぐ左手にあります。車を南駐車場に止めて、公園への進入道路を横切ると、もうそこはバラ園です。周囲を木々が覆っていて外からは見えにくい構造になっています。
 バラ園の規模は東西に30〜40m、南北に約100m弱と言ったところでしょうか。かなり大きな規模です。
 もちろん入場料は要りません。
 駐車場は、土日祭日は駐車料金が必要ですが、その他の日は特別の行事がない限り無料で駐車できます。



 ここの花壇には、大輪系、フロリバンダ系、つるバラ系、ミニチュアローズなど約60種類のバラが植栽されています。
 特に5月上旬から中旬にかけてが一番の見ごろで色鮮やかな大輪の花やつるバラなど3000本のバラが咲き乱れます。
 私が、訪れたのは5月7日、つまりゴールデンウィークが終わった直後の月曜日。前の日までの雨が上がり、まさしく五月晴れと言った風情です。
 バラ園に1歩足を入れて、花が咲き乱れた様子を初めて目の当たりにして、絶句・・・・・。
赤、黄、ピンク、白、色とりどりの花の鮮やかさは、この世のものとは思えませんでした。
 しかも、公園緑地協会の二人の係員が散布している以外、1時間30分居て誰も訪れない貸切状態です。都会の人には信じられないと思いますが・・・・・。
 さまざまなバラの美しさを十二分に堪能させていただきました。まさに「秘密の花園」と言ったところでしょうか。贅沢な話しではありますが・・・・・。

 また、このバラ園の周囲は、セメントや板塀などと言った物々しいものではなく、サザンカ、カルミヤ、ピラカンサ、サッキなどの花や実のなる花木で囲まれていました。ですから冬場は違った花々でも楽しめそうです。
 また、その外側をワシントニアパームやカナリーヤシなどの高い木々が数多く植栽されトロピカルムードを醸し出しています。ただ、地元の人間として、こんな素晴らしい施設と環境の整った公園に連休明けとは言え、観光客がいないと言うのは寂しいもんですね。
 もうひとつ残念だったのは、それぞれの花に観察用の名前が付いていなかったことでしょうか。
私のような素人には、特にバラのように何千も種類がある花は、見極めが難しいと言うのが率直な感想です。
日向・黒田さん方のツルバラ
ようこそ
 平成19年5月3日。日向市塩見小原の黒田豊さん方のバラを見に行ってきました。日向はもちろんのこと、宮崎県内は言うに及ばず、遠く四国、関西からもこの季節になると大勢のバラファンがやってきます。
花には疎い私でさえ、この時期にはマスコミに大々的に取り上げられるので、もうかなり前から「日向に有名なバラ作りの名人がいる」ということは知っていました。
 ただし、去年の今頃は花には、ほとんど興味がなかったので「行って観よう」なんて気は起こりませんでした。行って観ようと思えばいつでも可能です。事実、黒田さん宅へ続く農免道路は宮崎、延岡、椎葉方面への近道で良く通ります。
 しかし、昨秋急に花に関心を持ち出して半年とすこし。私の心の中は大きく変わり3月が終わる頃から「いつか行こう、いつか行こう」と入れ込んでいました。そして、この日初めて黒田さん方を訪ねました。
 ところがどうでしょう。確かにに石垣はあります。アーチ形にバラがツルを伸ばしています。花は1輪も咲いていないではありませんか。宮崎県の運動公園やこどもの国ではあんなに咲き誇っていたのに。
何なんだこれは?完全な肩透かしを食ってしまいました。とりあえず車をバラ見客専用の駐車場に停め裏に回ってみると、黒田さんが盛んに花の手入れをしていました。 
 「バラはまだ咲かんとですか!」「うんにゃこりゃ まだはぇーわ!」「5月の20日過ぎに来てみない」
 どうやら私のフライングのようです。黒田さんが言うには5月の25日頃が一番見頃とのこと。
 それにしても元気です。今年78歳を迎えると言うのに、お花畑を動き回っています。話し方にも張りがあります。「バラは正直。少しでも手を抜くといいものが作れない。だから精一杯面倒を見ている。やっぱよ多くの人に観て喜んでもらえるのが一番よ」
 と、三人の奥さん方がバラはまだですかと、訪ねてきました。私のような気の早い人もいるもんだなと、思って聞いてみますと佐賀からきんしゃったとのこと。「あらまあ」です。
 見頃の時は、とても話しなど出来ないとのことですが、時期尚早の今回の訪問で黒田さんに話しを聞くことができました。
 初めてバラを植えたのが30年前で、最初はツルバラが3株だけだったとおっしゃられていました。
その後は挿し木の連続で現在は、60株を超えるまでになったそうです。
この長い間に、「枝を分けて」との要請がひっきりなしで黒田さん方の子孫は宮崎県内外いろんな所で花を咲かせているそうです。
「今年は、忙しかったり、いろいろあって手入れがもう一つで、ウドンコ病が入っているのでデキはどうか」と心配していました。
 折角、ここまで来ましたので、まだツボミにもなっていないですがアーチ状のツルバラを撮ってきました。
上記4枚がその写真です。
タチアオイ
 バラは前面の石垣や庭に植栽されていて、自宅の裏側の畑にはツリガネソウ、ジキタリス、カスミソウ、ノコギリソウ、カイガラソウ、スカシユリ、トケイソウ、カチグルマなどが花開いていました。特に、タチアオイは見頃で幾種類もの花々が咲き誇っていました。
 また、自宅の前には水田が広がっていて花ショウブやヘメロカレスが植えてありましたが、これも見頃は5月下旬から6月上旬のようです。
         スカシユリ                スカシユリ
          トケイソウ                ケイソウ
トケイソウは長短の針に秒針まで備えていて見方によっては人の顔のようでもあり、愛敬のある花です。その名にピッタリの命名ですね。初めて見ました。

石垣のバラ バラアーチ バラアーチ バラアーチ
石垣のバラ バラアーチ 花ショウブとバラ 花ショウブとバラ
 2回目に伺ったのは5月18日。見事に花が咲いていました。約20台は停められる駐車場にはひっきりなし車が出入りしています。県外ナンバーも何台か駐車しています。黒田さんも忙しく動き回っています。写真を撮っていると、「案内します」と中年の男性の方が説明してくれました。「息子さんですか」と聞くと「近くの者です。黒田さん一人ではたいへんなので、見頃で見物人が多い時や忙しい時は手伝っているのですよ」とのことでした。
 「一番の見頃は今度の日曜(20日)から1週間と言うところでしょう。ちょっと花の付きが悪いごつある。」と言って10年前の写真を見せてくれましたが、石垣が見えないほどの花の山にはびっくりしました。ウドンコ病や花木の樹齢が高くなり、樹の勢いが弱っていることもあるかも知れないと、話していました。裏のお花畑までマンツーマンで色々細かく説明して頂きました。名前は聞きませんでしたが、有難うございました。
へメロカレス へメロカレス 花ショウブ 花ショウブ 花ショウブ
タチアオイ タチアオイ タチアオイ タチアオイ タチアオイ
 
 花しょうぶは、自宅前の水田20アールに植えてあります。まだ満開とはいかず、5分咲きくらいでしょうか。ただ、黄色のヘメロカレスは見頃を迎えていました。花しょうぶも咲き誇れば素晴らしい光景になることでしょう。
 バラの名前は黒田さんに聞いても「ツルバラはツルバラじゃけんどん名前までは分からんかった」と話していましたが、キングローズによく似ていてピンク、深紅、白色の3色からなっています。庭は驚くほど広くはありませんが、余計な物を排して広々と感じさせます。敷地は裏の花畑と合わせて350坪ほどでしょうか。庭の芝生や花木の手入れの良さはさすがと思いました。
アマリリス アマリリス アマリリス スカシユリ スカシユリ
裏の花畑 カイガラソウ ジキタリス 釣鐘草 カスミソウ

タチアオイ
タチアオイ
タチアオイ

ルピナス

北郷 バラの園山元
 宮崎自動車道を下りて日南方面へ10分ちょっと。国道から歩いて7分、少し上りになっている道を歩いていると、突然、まばゆい新緑の中・杉の木々の間々から赤やピンク、黄色の花々が見え隠れしてきました。それは、なんの変哲もない森の中に現れた俗世間から離れ、山水の中で仙境に遊んだり素朴な農耕をしたりできる桃源郷のようでした。
 飫肥杉で有名な宮崎県日南市。その北隣にあるのが北郷町です。小さな温泉があるくらいで宮崎県のなかでも地味で静かな過疎の町。その奥の奥、宮崎市との境に近い山の中が突然、脚光を浴びることになりました。知る人は知っていたバラの花園が地元マスコミや北郷町のホームページで紹介されたのです。
 日南市の南隣・南郷町出身の山元トシ子さん。「静かな広々としたところで花や野菜を作りたい」と、ご主人の行夫さんと二人が温めていた夢の実現に取りかかったのが2001年。地元の人の紹介で約7,000uの山林を購入しました。すぐ脇を小川が流れ秋は紅葉が鮮やかなこの地。緑で覆われた周囲の景色は思っていたそのもの。以前、人が住んでいて農耕していた平地もあり、すぐに気に入ったとのことです。
 そして、約3,000uの土地を本格的に整備し始めたのは、公務員をしていたご主人が定年退職した2003年からだそうです。健康増進も兼ね、自宅のある宮崎市から毎日通い周辺整備とバラ作りを着々と進め、その傍らで講習会に通ってバラ作りのノウハウを習得されました。奥様は、今でも遠く関東や鹿児島のバラ園を訪ね技術習得に余念がありません。
 国道からバラ園までは5〜600m、手入れされた立派な道があります。ただ、途中の離合が困難なため山元さんは、国道の入り口に看板を立てて、すぐ近くにあるレストランに車を駐車して歩いてお越し頂くよう案内されています。
完全舗装道 杉木立の楽園 花が出迎え 洒落た山小屋
メイディランド サラバード アイスバーグ サハラ98
春 風 バレリーナ ルーピング スーパーエクセルサ
メイディランド ツルゴールド オレンジメイディア シュネーバルツマ
サマーモルルゲン ポニカ メイディランド メイディランド
バラ園の光景1 クィーンエリザベス クィーンエリザベス ロージークリスタル
                    ゴールデンセレブレーション
花見川 シスター シスター メイディランド
レオナルド・ダ・ビンチ  ロージーカーペット    アンジェラ   R・ドルフ・シュパリホップ
 
 少し開花時期をずれているモノもありますが、そこはご愛敬、お許しください。
 それにしてもどうでしょうか?これだけの敷地をわずか3年そこらで花の楽園に換えるんですから、相当の苦労があったことでしょう。
 ただ単にバラが好きだからだけでは、ご夫婦二人でこんな素晴らしいバラ園は作れません。
そして、ここの一番のウリは自然が豊かなことです。深い緑に赤やピンク、黄色、白色のバラの花が良く映えていました。困ったモノは、サルだそうです。バラの美に魅せられてサルも吸い寄せられたのでしょうか。
バラ園の光景2 バラ園の光景3 バラ園の光景4 ゴールデンラスター
サマースノー 花見川 ロサムンディ かがやき
 現在、この広い園に約150種、300本のバラが植栽されているそうですが、スペースはまだまだ十分ありそう。年を追って花の種類が増えそうです。奥様は、少しプレッシャーに感じているそうです。マスコミに取り上げられてから、知る人しか知らなかった「秘密の花園」が、万人の知るところとなり多くのバラ愛好家や花を愛する人々が次から次へと来園するので、花をいかにしてキレイに咲かそうかと苦心されているとのこと。
 また、手入れの時間も少しばかり足りないとおっしゃっていました。
 多くの人に観てもらいたいが、花もきれいに咲かせたい。悩みはつきないようでした。
上の写真の「バラ園の光景4」は、手前からスカーレット・メイアンディ、サラバンド、白いのがピエール・ドゥ・ロンサール、奥のピンクがアンジェラの順です。
キングローズ オレンジメイアンディ キングローズ キングローズ

宮崎の県鳥コシジロヤマドリ
Copyright(C)  nanngoku  All Rights Reserved